025-222-3952

公益社の考える家族葬とは

トップページ 家族葬とは

公益社の考える家族葬とは

現代の葬儀において、半数近くを占める家族葬。

新潟の葬儀でも家族葬の割合は増加傾向にあります。

しかし、「家族葬」という名の葬儀が存在するわけではありません。
葬儀とは別れの「儀式」であって、宗教・宗派は様々ありますが、参列する方の人数の大小にかかわらず一連の儀式というのは同じなのです。

kazo_02.png

では、家族葬とはいったいどういうことなのでしょう。

それは、参列していただく方の関係性なのではないでしょうか。
家族、親族、友人、知人、ご近所の方や会社の方など、どういった方をお呼びするか、それが、家族や親族に限定されるので家族葬と呼ばれるようになったのだと思います。

それではなぜ家族葬を希望する方が増えているのでしょう。

それは参列を近しい方だけに限定することで、参列するお客様への配慮や気遣いに多くの時間をとられず、故人を送り出すことだけを考えた葬儀が実現しやすいからではないでしょうか。

 ただし、よく言われることですが、家族葬ですることだけにとらわれていると、故人が生前お世話になった方や、故人を慕う方への連絡が遅くなり、周囲に残念な気持ちを残すことが起こり得るので気をつけなければいけません。

kazo_03.png

また、家族葬を希望される方の中で、最近では「無宗教のお別れ会」を考える方もいらっしゃいます。
ただし、信仰心に関わらず、先祖代々からの寺院との関係などにより、
葬儀式を無宗教にて執り行えるかどうかは違いますので、注意が必要です。

いずれにしても、ご参列いただく方や、宗教など、家族葬が100あれば、100の家族葬が存在すると
思っていただいてよいと思います。
家族葬という「希望」を大事にして、家族葬という「言葉」にとらわれすぎないことが、
より良い家族葬を執り行ううえで大切なことだと思います。

家族葬の人数について

お問い合わせはこちら

公益社 本町外観
新潟市中央区本町10-1810
025-228-7088
公益社 東明外観
新潟市東区東明8-1-36
025-286-5151
公益社 アーバンホール外観
新潟市西区松美台6-21
025-267-8881

会社概要

会社概要

葬儀の流れ

祭壇価格

あにさまブログ

お葬式検索

国際葬儀連盟(FIAT-IFTA)

公益社本サイトへ